●財務諸表論・教材見本●

 

 

 

財務諸表論のテキストには、まとめ編と理解編があります。

財務諸表論の問題集には、一問一答・要点チェック問題、一問一答・論点確認問題、短答式アレンジ問題、短答式本試験問題、論文式予想問題、論文式本試験問題があります。
 


 

A 財務諸表論テキストの総論として、財務諸表論第3章「概念フレームワーク(後半)」を見本としてアップいたします。

なお、テキスト(まとめ編と理解編)については、第1章(財務会計総論)、第2章(概フレ前半)、第3節章(概フレ後半)は、総論であるため、レイアウトが第4章以降の各論と異なります。各論の見本については、下記のBをご参照ください。
  
まとめ編(スマホ可)  
「俯瞰図」「講師からのメッセージ」「本節の概略」の3部を含みます。
解説編 (スマホ可)  
「解説」「重点解説」「重要なキーワードと概念」を含みます。
一問一答・要点チェック問題(スマホ可)  
一問一答・論点確認問題(スマホ可)    
短答式アレンジ問題(スマホ可)       
短答式本試験問題(スマホ可)
論文式予想問題(答案構成の仕方)
(スマホ可)  
論文予想問題(第3章の一部)
(スマホ可)
論文式本試験問題
(スマホ可)
 

B 財務諸表論テキストの各論として、第17章(外貨換算)と第18章(連結財務諸表)を見本としてアップしておきます。

なお、この見本では、まとめ編と解説編を分けておりません。節の最初にまとめ編の内容(俯瞰図、講師からのメッセージ、本節の概略)、後半に解説編の内容(解説、重点解説、重要なキーワードと概念)が記載されております。

各論では、特に解説編のレイアウトが変わります。内容説明の右側に「コメント」欄を設けて、そこに講師が授業中に話すコメントに相当するものを載せております

また、まとめ編のレイアウトも少し変ります。総論と異なり、各論では関連する知識が膨大になるため、何を特に押さえなければならないのかを俯瞰図や講師からのメッセージに納めました。このため、俯瞰図と講師からのメッセージは、総論よりも分量が増えております。

短答式・論文式のいずれにおいても、この俯瞰図や講師からのメッセージをまずは抑えてください。試験に必要な知識量は、これでほぼ十分です

財表第17章(外貨換算)のまとめ編と解説編(スマホ可)
財表第18章(連結財務諸表)のまとめ編と解説編(スマホ可)


財務諸表論の答練には、短答式答練と論文式答練があります。


短答式答練の一部と論文式答練の一部を見本としてアップしておきます(答案用紙は除きます)。

なお、レイアウトは、短答式アレンジ問題や論文式予想問題と同様にしております。その方が、皆様の教材管理にとり好ましいと判断したからです。 
 

◆注目◆ 
・財表論文答練・問題の解き方は、論文式試験に受かる上で、最も大事なものです。是非、熟読してください。

・「財務諸表論の体系」の第1章その1の動画では、上記の上下のポジションについて解説しておりますので、是非、ご覧になって下さい。
►1章(財務会計総論)その1
https://www.youtube.com/watch?v=ckTblN68aXQ#t=601


財表短答式答練・問題(スマホ可)
財表短答式答練・解答解説(スマホ可)
財表論文答練・問題の解き方(スマホ可)
財表論文答練・問題(スマホ可)
財表論文答練・解答解説(スマホ可)


■各種テキストや問題集の趣旨や内容などについては、下記の該当箇所をクリックしてください。

2種類のインプット
⇒「まとめ編」
   「解説編」
2種類の一問一答問題
⇒「一問一答・要点チェック問題」
「一問一答・論点確認問題」
2種類の短答式アウトプット
⇒「短答式アレンジ問題」
「短答式本試験問題」
3種類の論文式アウトプット
⇒「短答式アレンジ問題」
「論文式予想問題」
「論文式本試験問題」


 

 
 
ホームページ作り方