17年目標:動画の配信

  
 

最新情報◆ 

youtube動画のコメント欄(画面の下の文章)をバージョンアップしました。
     ↓
1.全ての動画に【今回の動画のポイント】を記載し、特に押さえて欲しいポイントを明らかにしました。
2.全ての動画に【講義で使用した板書】を記載し、板書のPDFファイルのURLを貼りました。板書が画面で見づらい場合、このPDFファイルをご利用ください。なお、HPの容量に限りがあることから、アップロード先をクラウドに変えましたが、使い勝手(見やすさ、PDFファイルが開くスピードなど)に変わりはありません。
3.「まとめ編・解説編」「一問一答論点確認問題」「論文予想問題」「論文本試験問題」については、該当するyoutube動画のテキストや問題集もPDFファイルにして、【講義の内容】に再生リストのURLをアップしました。
4.全ての動画に【目次】を設けて、論点の見出しと開始時間を明記しました。見出しを活用することにより、学習したい論点だけをピックアップすることができます。また、開始時間は、PCの場合、チャプターとして利用できます。
     ↓
外出先で学習する際には、全ての教材がアップされておりますので、スマホなどの端末だけがあれば学習可能となります。
 
(注)板書のURLをクリック(タップ)してもPDFファイルが開かない場合は、お手数ですが、ホームページのメニュー(一番下の方にあります)「監査:板書ノート」からアクセスしてください。

サンプル:財表3章(概念フレームワークの後半)2節(資産の測定)まとめ編
https://www.youtube.com/watch?v=mxJEZuFoPjo
 


 

講座の一部は、youtubeでの動画解説を行います。

財表のyoutube動画の見本はこちらから!!
監査のyoutube動画の見本はこちらから
!!

 
1.3種類の受講形態(財表・監査共通)。

<ケース1>DVDと動画の両方ともある講座
・まとめ編のみ
・まとめ編と解説編
   ↓
この講座は、①DVD有り&動画有り、②DVDなし&動画なし、③DVD無し&動画無しの3つの受講方法があります。

<ケース2>DVDはなく、youtube動画のみがある講座

・一問一答論点確認問題
・論文式予想問題
・論文式本試験問題
・論文答練
   ↓
この講座は、①動画有り、②動画なしの2つの受講方法があります。

<ケース3>DVDとyoutube動画のいずれもない講座
・一問一答要点チェック問題
・短答式アレンジ問題
・短答式本試験問題
・短答答練
   ↓
この講座は、DVD無し&動画無しの1つの受講方法しかありません。

・youtube動画とは、収録した動画をyoutubeにアップロードし、その動画(限定公開)のURLをメールでお知らせし、各自のパソコン、タブレット、スマホでその動画を見るという方法です。
・動画の内容は基本的にDVDと同じなので、まとめ編・解説編の受講は、DVD無し&動画有りがお薦めです。


<17年目標と16年目標の違い>要注意!!
・16年目標では動画配信は無料ですが、17年目標からは動画配信
は有料になります。16年目標でお申し込みされた方は、次の点にお気を付け下さい。

①収録し直した動画の再送付
17年目標では、16年目標の動画を幾つか収録し直すことや、板書ノートを作り直す予定ですが、16年目標で申込をされた方には収録し直した動画や作り直した板書ノートを再送付することはありません。これに対し、17年目標でお申し込みされた場合は、当然にして再送付いたします。

②改正・追加したテキストや問題集
基準等の改正により、16年目標のテキストや問題集の一部を作り直す可能性があります(この場合には、1のように、動画は収録し直します。)。17年目標でお申し込みされた方には作り直したテキストや問題集の一部(基準等の改正の対象となった章に限られる)を再送付いたしますが、16年目標の方には再送付はありません。

 

 2.Youtube動画の長所と短所。

youtubeでの動画は、パソコンだけでなく、タブレットやスマホでもみることができます。移動先でも好きな時に見ることができるという利便性があります。


・DVDの場合にはチャプター機能がありますが、youtubeにはチャプター機能はありません。

・ただし、youtubeの場合には、画面の下に目次があり、その目次の見出しに各項目の開始時間がついております。
パソコンでみる場合には、その時間表示が「青文字」になってリンク機能が働くため、見たい項目の見出しの開始時間をクリックすると、その項目の頭からみることができますので、実質的にチャプターと同様の利便性があります。
これに対して、スマホの場合には目次の見出しの開始時間は「黒文字」で表示され、リンク機能は働きません。ご自身で目次の見出しの開始時間から見たい項目を探してください。

 
・また、次の4で説明するように、youtubeの動画配信が悪用された場合には閉鎖することもありますが、DVDの場合にはこのようなリスクはありません。

・DVDは早送り(例:1.5倍速)することが出来ますが、youtube動画にはそのような機能はありません。

・youtube動画には画面の下にコメント欄があり、そこにおいて次のサービスを提供致しますが、DVDではこのコメント欄はありません。DVDで学習する方はyoutube動画も同時に活用されることをお薦め致します。
【学習のポイント】
今回学習する単元のポイントを明らかにしています。
【講義の内容】
動画で扱っているテキストや問題集のPDFファイルのURLが貼ってあります(ただし、無料公開講座:財表の体系はテキストを使用しません)。

【講義で扱った板書】
動画で使用している板書のPDFファイルのURLが貼ってあります。画面で見づらい板書については、こちらを閲覧ください。なお、ダウンロードして印刷することもできます。
【目次】
開始時間も明記した見出しを明らかにしております。学習したい単元や論点だけを学習する際に有効です。開始時間ですが、PCでは青文字で表示されチャプター機能が働きます。ただし、スマホでは黒文字のままでチャプター機能は働きませんので、ご了承ください。

外出先で学習する場合、スマホに全ての教材がアップされておりますので、スマホだけを持って行けば学習できます。
 

  

3.Youtubeでの動画配信は限定公開。


Youtube動画には、公開、限定公開、非公開の3種類がありますが、弊塾では限定公開を採用しました。限定公開ですので、
お申込み頂いた方にyoutube動画のURLをメールでお伝えします
・動画の本数が相当数になるため、原則として動画は再生リストにまとめます。受講生の方には、再生リストのURLをお伝えします
・なお、非公開と違って限定公開の場合は、新たにアカウントを作る必要はありません。メールされたURLをクリック(タップ)するだけで見ることが出来ます。
     
    

 

4.Youtubeの動画のURLを他人に伝えない。

 

・教材見本は公開ですが、それ以外のyoutube動画は限定公開ですので、URLを他人には伝えないでください

・特に、ツイッターやブログなどにURLを記載すると、お申し込みしていない方にまでyoutube動画が拡散してしまい、折角申し込んで頂いた方に大変ご迷惑がかかりますので、あくまでもお申し込みした方のみがご使用するよう、お願いします。


もしURLが拡散した場合には動画を閉鎖いたしますので、ご了承ください。

   

   

 
 
ホームページ作り方