●自己診断判定(財表論文)●

 

あなたはどのタイプ? 
テスト結果から自分のタイプが解ります。

留意点

■自己診断には、短答用と論文用があります。
■このページは財表の論文用です。
■前のページの【自己診断・テスト(財表・論文式)】を解いて下さい。
■解答は、前のページの【自己診断・テスト解答(財表・論文式)】を参照ください。
■採点結果に基づいて、あなたがどのタイプに当たるか、どの教材の組み合わせが適当かは、本ページの【自己診断・判定(財表・論文)】をご覧になって下さい。
■監査論はありません。ただ、ほとんどの方は、財務諸表論と監査論ではタイプが同じですので、財務諸表論の結果をもって監査論のタイプと見て、ほぼ問題ないと思われます。


自己診断判定(財表論文)

1.5タイプに分けて採点結果を集計してください。採点基準は、前ページの解答に載っています。 
問題と解答はこちら

Aタイプ 
基本的・典型的な一問一答問題(論述力は問わず) 
問1~問5 8点満点

Bタイプ 
応用的で思考力型の一問一答問題(論述力は問わず) 
問6~問10 15点満点

Cタイプ 
本試験的な現場対応力型の一問一答問題①(論述力は問わず) 
問11~問15 15点満点

Dタイプ 
本試験的な現場対応力型の論述問題②(論述力も問う・奥も深い)
問16~問18 11点満点

タイプ 
論文式本試験の論述問題
問19~問20 10点満点

2.各タイプに応じた教材は次の通りです。

Aタイプ 
「インプット・まとめ編」 
「一問一答・要点チェック問題」
Bタイプ 
「インプット・解説編」  
「一問一答・論点確認問題」
Cタイプ 
「インプット・解説編」  
「短答式アレンジ問題」
Dタイプ 
「インプット・解説編」  
「論文式予想問題」
Eタイプ 
「インプット・解説編」  
「論文式本試験問題」

3.あなたのタイプは?

Aタイプ 

7~8点 
・基本的・典型的な論点は十分身についてます。

・このタイプの教材は不要でしょう。

・今後は、応用力・思考力・現場対応力・論述力などを身に付けるとよいでしょう。(Bタイプ以降の問題)

5~7
・ボーダーラインレベルの基本的・典型的な論点は十分身についてます。

・別のタイプの教材を使用する方法もありますが、「インプット・まとめ編」と「一問一答・要点チェック問題」のどちらか片方だけを使用する方法もあります。

・注意点として、このタイプの方は、今後、基本的・典型的な論点の学習に時間をかけ過ぎないようにしましょう。他の教材に早く移行して、応用力・思考力・現場対応力・論述力などを養うことに重点を移した方がより効果的で、論文式の得点を相対的に高めることになると思います。

4点以下
・残念ながら、現時点での基礎力(基本的・典型的な知識)はボーダーラインを下回っています。

・「インプット・まとめ編」と「一問一答・要点チェック問題」を使用することをお勧めします。「インプット・まとめ編」だけでは論点数などが足りないと感じる場合には、「インプット・解説編」を併せて学習する方法もあります。もともと短答式試験に通過した方ですから、今からインプットの学習をていねいに行ったとしても、さほど時間はかからないでしょう。

・まず、インプットの基本、つまり基本的・典型的な論点に関する知識をしっかり押さえましょう。基本がきちんと身に付けば、応用力・思考力・現場対応力などは思ったより短い時間で克服できるものです。

財表・まとめ編・教材見本はこちらから(第3章)(スマホ可)
財表・一問一答・要点チェック問題見本はこちらから(第1章)(スマホ可)
財表・一問一答・要点チェック問題見本はこちらから(第3章)(スマホ可)
財務諸表論・解説編・教材見本はこちらから(第1章の第1節)(スマホ可)
務諸表論・解説編・教材見本はこちらから(第3章)
(スマホ可)       
 

Bタイプ 13~15点
・応用力・思考力も十分身についています。

・このタイプの教材は不要でしょう。

・今後は、Cタイプの学習を中心に、本試験的な現場対応力を養うのが良いと思います。

9点~12点
・ボーダーラインレベルの応用力・思考力はあります。

・別のタイプの教材を使用する方法もありますが、「インプット・解説編」と「一問一答・論点確認問題」のどちらか片方だけ、もしくは両者を併用して使用方する方法もあります。

・ある程度は、応用力・思考力が身に付いているので、今後は、Cタイプの現場対応力のアップに重点を移していくのが良いと思います。

点以下
・残念ながら、現時点での応用力・思考力はボーダーラインを下回っています。

・「インプット・解説編」と「一問一答・論点確認問題」を併用して使用することをお勧めします。

・なお、「インプット・解説編」を使用する際には、1ページでコンパクトに全体像を確認することが効果的・効率的なので、「インプット・まとめ編」のうち特に「俯瞰図」を併せて学習することをお勧めします。

・Aタイプが7点以上であっても、Bタイプが8点以下の方は、本試験的にはボーダーラインを下回り、財表で借金を負っている状態だと思います。本試験ではこのBタイプがある程度出来るようになると、ボーダーラインあたりの点数が取れるようになりますので、 上記の教材を腰を据えて取り組むことをお勧めします。

財務諸表論・解説編・教材見本はこちらから(第1章の第1節)(スマホ可)
務諸表論・解説編・教材見本はこちらから(第3章)(スマホ可) 
財務諸表論・一問一答・論点確認問題教材見本(第1章第1節)(スマホ可)
財務諸表論・一問一答・論点確認問題教材見本(第3章)(スマホ可)


Cタイプ 

13~15点
・本試験的な現場対応力は十分身についています。

・このタイプの教材は不要でしょう。

・このような方でBタイプも13点以上の方は既にボーダーラインを超えている状態です。

・今後は、DとEタイプの「論述力」を養うとともに、より奥の深い問題にチャレンジして、出題意図を見抜く力をブラッシュ・アップすれば、科目合格が十分見えてくるでしょう。

9点~12点
・ボーダーラインレベルの本試験的な現場対応力はあります。

・別のタイプの教材を使用する方法もありますが、「短答式チャレンジ問題」だけか、もしくは「インプット・解説編」との併用をしっかり行って、本試験的な現場対応力を身に付けるのがよいでしょう。

・本試験的な現場対応力は、短答式も含め、本試験問題を解くのが一番よいでしょう。ただし、短答式の過去問自体を解くと、どうしても「正誤」にだけを意識してしまい、出題意図まで掘り下げることをしないおそれがあります。短答式の過去問自体よりも「短答式アレンジ問題」の方が、出題意図まで考えることが出来るので、こちらをお勧めします。 

8点以下
・残念ながら、現時点での本試験的な現場対応力はボーダーラインを下回っています。

・「インプット・解説編」と「短答式チャレンジ問題」を併用して使用することをお勧めします。

・Aタイプでは7点以上取れるが、BやCタイプで8点以下の方は、受験生に多く見られます。いわゆる知識はあるが、考える力が無いというタイプです。まだ、十分時間はあるので、上記の教材を使用して、本試験的な現場対応力を養えば、必ずボーダーラインは突破できます。

財務諸表論・解説編・教材見本はこちらから(第1章の第1節)(スマホ可)
務諸表論・解説編・教材見本はこちらから(第3章)(スマホ可)          
財表・短答式アレンジ問題・教材見本はこちらから(第1章の第1節)(スマホ可)  
財表・短答式アレンジ問題・教材見本はこちらから(第3章)(スマホ可) 


Dタイプ
 

9点~11点
・本試験的な現場対応力(論述力も含む。奥の深い問題も含む。)は十分身についています。

・Eタイプの教材を使用するか、もしくは論文答練を中心にもっと数多くの問題を解くのがよいでしょう。本試験的な現場対応力はあればある程貯金が出来ますので、もっとブラッシュ・アップをしていくがよいと思われます。

・財表で科目合格を果たすことが十分できるレベルです。

7点~8点
・ボーダーラインレベルの本試験的な現場対応力はあります。

・別のタイプの教材を使用する方法もありますが、「論文式予想問題」だけか、もしくは「インプット・解説編」との併用をしっかり行って、本試験的な現場対応力(論述力も含む。奥の深い問題も含む。)を身に付けるのがよいでしょう。
                  
点以下
・残念ながら、現時点での本試験的な現場対応力はボーダーラインを下回っています。

・「インプット・解説編」と「論文式予想問題」を併用して使用することをお勧めします。

・A~Cタイプで緑色の点が取れている方で、Dタイプだけが6点以下という方は、合格可能性が非常に高い人です。基礎力・応用力・思考力・現場対応力があるのですから、後は論述力や奥の深い問題をいろいろ解けばボーダーラインを超えて、科目合格の可能性すらあります。

・ただし、A~Cタイプについてもオレンジ色以下という方は、全体としてまだ力が無い証拠です。急がば回れの精神で、まずはAタイプ、次にBタイプというように、順番にステップアップしていくことが大事です。スモールステップというのは、いつの時代でも合格への王道です。

財務諸表論・解説編・教材見本はこちらから(第1章の第1節)(スマホ可)
務諸表論・解説編・教材見本はこちらから(第3章)(スマホ可) 
財務諸表論・論文予想問題・教材見本はこちらから(第3章)(スマホ可)
 

Eタイプ 

9点~10
・本試験的な現場対応力(論述力も含む。奥の深い問題も含む。)は十分身についています。

・このタイプの教材は不要でしょう。

・気を付けなければならないのが、Eタイプが9点以上ということは、過去問は徹底的にやりつくしており、解答も憶えている可能性があります。Eタイプが9点以上でも、B~Dタイプが黄色ないしオレンジ色の方は、正しい意味での本試験的な現場対応力は身に付いていない可能性があります。B~Dタイプの教材を使用して、「考える力」をアップするようにしてください。

7点~8点
・ボーダーラインレベルの本試験的な現場対応力はあります。

・「論文式本試験問題」の教材だけを使用する方法もありますが、「論文予想問題」と併用して使用する方法もあります。現場対応力はあればあるほどよいでしょう。

・過去問をあまりやっていないのに7点以上を取れたならば相当実力があるとみて良いでしょう。そういう方は、B~Dのうち弱いタイプに重点を置いて学習するか、タイプに関係なく満遍なく勉強していくのが良いでしょう。

6点以下
・残念ながら、現時点での本試験的な現場対応力はボーダーラインを下回っています。

・「論文式本試験問題」と「論文式予想問題」を併用して使用することをお勧めします。

・A~Dタイプで緑色の点取れている方で、Dタイプだけが6点以下という方は、合格可能性が非常に高い人です。基礎力・応用力・思考力・現場対応力があるのですから、後は過去問を数多く回し、多くの論文答練を回受ければよいだけだからです。

・ただし、A~Cタイプについてもオレンジ色以下という方は、全体としてまだ力が無い証拠です。急がば回れの精神で、まずはAタイプ、次にBタイプというように、順番にステップアップしていくことが大事です。本試験的な現場対応力の養成は、もっと後の時期でかまいません。まずは、焦ることなく、基礎力を身につけましょう。

財務諸表論・論文予想問題・教材見本はこちらから(第3章)(スマホ可)
財務諸表論・論文式本試験問題・教材見本はこちらから(第3章)(スマホ可)
 

 
 
ホームページ作り方